法律に基づく手続き

トップ >> 定期報告制度 >> 報告すべき内容とは?

定期報告制度について

定期報告の対象【平成28〜31年度】
平成28年度〜平成31年度までの定期報告が必要となる特定建築物、建築設備、防火設備の一覧表になります。各行政庁毎に対象範囲が異なりますのでご注意ください。平成29〜31年度の対象範囲は変更される可能性がありますのでご了承ください。※エレベーター、エスカレーター、小荷物専用昇降機、遊戯施設は毎年対象となります。
>平成28〜31年度までの定期報告が必要となる特定建築物、建築設備、防火設備の一覧表
各行政庁毎に対象範囲が異なりますのでご注意ください。
定期報告の報告周期
建築物は3年に1度
建築設備等は、1年に1度
・建築設備(排煙設備・換気設備・非常用照明)
・防火設備(随時閉鎖式の防火戸)
・昇降機(エレベーター、エスカレーター、小荷物用専用昇降機(テーブルタイプを除く))
・遊戯施設
※小荷物専用昇降機の報告開始年度は平成30年度です。
※検査済証の交付を受けた直後の第1回目の報告は、免除されます。
【平成28年度の提出が免除になるもの】
建築物:平成25年4月1日以降に検査済証の交付を受けたもの
建築設備・防火設備:平成27年4月1日以降に検査済証の交付を受けた建築物に付属するもの
※ただし、建築物の増築・改築等により、上記提出免除の時期に検査済証の交付を受けた場合、
検査済証の交付を受けた部分のみについて提出が免除となります。
報告義務者(報告を行うべき者)
建築物の所有者(所有者と管理者が異なるときは管理者)です。なお分譲マンションの場合は一般的にそのマンションの管理組合(代表者)が報告義務者となります。
だれが調査・検査するの?

専門的な知識を持った技術者が調査・検査をします。

                                                              
資格 建築物 建築設備 防火設備 昇降機等
1級建築士
2級建築士
建築物調査員 ---
建築設備検査員 - - -
防火設備検査員 -- -
昇降機検査員 - --
報告すべき内容は?
建築物の調査
敷地・一般構造・構造強度・耐火構造・避難施設等
施設設備
換気・排煙・非常用の照明装置
防火設備(随時閉鎖式の防火戸)
昇降機(エレベーター・エスカレーター、小荷物専用昇降機等)
※小荷物専用昇降機の報告開始年度は平成30年度です。
遊戯施設(ジェットコースター、観覧車等)
※詳細は定期報告書様式に定められていますので、そちらをご覧ください。
新たに報告対象となる防火設備について
平成28年度より、新たに「防火設備(随時閉鎖式の防火戸:煙や熱などを感知し、自動的に閉鎖する防火戸))」の定期報告が新設されました。これに伴い、報告の対象となる建築物に設けられた防火設備については、建築物の定期報告とは別に防火設備の検査報告が必要となります。検査の必要な防火設備は、以下の4つの防火戸となります。
・防火扉(随時閉鎖式):火災の拡大を防ぐため設けられたドアで通常時は全開状態で、感知器からの信号によって、自動的に閉鎖する仕組みになっています。
・防火シャッター:防火戸と同様に火災拡大防止のため設けられたシャッターで通常は解放されていますが火災時に感知器と連動し自動的に閉鎖する仕組みになっています。
・耐火クロススクリーン:火災が発生したときに感知器と連動しスクリーンが天井裏から降下し火災の拡大を防止するものです。
・ドレンチャーその他の水幕を形成する設備:火災の延焼を防ぐ装置の一種で、屋根・外壁・軒先・窓上などに配管し、圧力水により建物の周りに水幕を張り延焼拡大を防止する設備です。
なお、対象となるすべての建物に報告対象の防火設備が設置されているとは限りません。
どこに提出するの?提出についてのお問合せは?
報告書は、(一財)福岡県建築住宅センターの各事務所で受付しています。お近くの事務所へご提出ください。
ただし、昇降機・遊戯施設の定期報告受付は、福岡事務所のみで受付しています。
※(一財)福岡県建築住宅センターは、特定行政庁から定期報告業務委託を受け、その指導監督のもとで受付業務等を行っています。
【福岡県建築住宅センター・福岡事務所】
福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡東オフィス3階  TEL:092-724-3608
【福岡県建築住宅センター・北九州事務所】
北九州市小倉北区古船場町1-35 北九州市立商工貿易会館1階  TEL:093-533-5441
【福岡県建築住宅センター・筑後事務所】
久留米市櫛原町59-1 TEL:0942-38-3020
【福岡県建築住宅センター・筑豊事務所】
飯塚市吉原町6-1 あいタウン3階 TEL:0948-26-3770
受付時間

午前9時から午後4時まで(月曜日〜金曜日、土日祝は休み)
なお、12時から午後1時までは昼休みですのでご協力下さい。

制度についてのお問い合わせは?
福岡県内の各行政庁までお尋ねください。
各行政庁名をクリックすると、行政庁毎の定期報告のページにつながります。
【福岡県(北九州市・福岡市・久留米市・大牟田市を除く)】
福岡県庁 建築都市部建築指導課 TEL 092-643-3721(直通)
【北九州市】
北九州市役所 建築都市局指導部建築指導課 TEL 093-582-2531
【福岡市】
・建築物・防火設備については
 福岡市役所 住宅都市局建築指導部監察指導課 TEL 092-711-4719
・建築設備・昇降機等については
 福岡市役所 住宅都市局建築指導部建築審査課 TEL 092-711-4583
【久留米市】
久留米市役所 都市建設部建築指導課 TEL 0942-30-9089
【大牟田市】
大牟田市役所 都市整備部建築指導課 TEL 0944-41-2797
定期報告制度説明会について(平成28年度の説明会は終了しました。)
説明会では、点検・報告の流れや主な点検項目、調査・事故の事例など定期報告制度の概要について、質問の多い点検項目など調査・検査のポイント、定期報告書の記入要領を説明いたします。是非ともご参加ください。
【久留米会場】 ※定員120名
日時:平成28年8月1日(月) 13:30〜16:00
場所:久留米市六ツ門町8-1 久留米シティプラザ4階中会議室
【北九州会場】 ※定員200名
日時:平成28年8月4日(木) 13:30〜16:00
場所:北九州市小倉北区古船場町1−35 北九州市商工貿易会館 多目的ホール
【福岡会場】 ※定員200名
日時:平成28年8月5日(金) 13:30〜16:00
場所:福岡市博多区千代1−20−31ホテルレガロ福岡 レガロホール
【申込方法】
「申込書」に必要事項をご記入の上、送付先までFax又はご郵送ください。
※受講券等は送付いたしませんが、定員に達した場合はご連絡いたします。
申込書ダウンロード
【申込締切】

平成28年7月27日(水)
※ただし、締切日前でも定員に達し次第締め切らせていただきます。
定期報告についてのQ&A
定期報告に関して、お問い合わせの多い質問についてQ&Aを作成しています。ご確認ください。
→行政庁Q&A
ページトップ