福岡県は中古住宅の安心取引を応援します

社会経済情勢の変化等を背景として、日本の住宅市場は大きな転換期を迎えています。
住宅の新設着工戸数は 減少し、今後中古住宅市場の需要はますます増大していくことが考えられます。
そのような中、福岡県では、住宅を購入する方・売却する方双方の不安を解消するための「住まいの健康診断」 (既存住宅現況検査)の支援を実施します。
  2016.07.25 市町村住宅支援策一覧を追加いたしました。 
協力:住宅市場活性化協議会
会員団体

■福岡県商工会議所連合会 ■(公社)福岡県宅地建物取引業協会 ■(公財)日本賃貸住宅管理協会九州ブロック ■(一社)福岡県建設業協会 ■(一社)日本住宅リフォーム産業協会九州支部 ■(一社)福岡銀行協会 ■西部ガス(株) ■(公社)全日本不動産協会 福岡県本部 ■(株)不動産中央情報センター ■NPO法人 九州定期借地借家権推進機構 ■(公社)福岡県不動産鑑定士協会 ■福岡中小建設業共同組合 ■福岡県建設関連産業協議会 ■TOTO(株)九州支社  ■(独)住宅金融支援機構 九州支店 ■福岡県 ■北九州市 ■福岡市 ■(一財)福岡県建築住宅センター