文字サイズ

ホーム > 事業案内 > 耐震診断アドバイザー

消費者の方

事業者の方

耐震診断アドバイザー

  1. 事業案内
  2. 料金表
  3. 様式のダウンロード

耐震診断アドバイザー派遣制度

木造戸建て住宅の、壁の位置や屋根の仕様などを調査し、地震に対する安全性について診断を行う耐震診断アドバイザーを現地へ派遣します。
※耐震診断アドバイザーとは県が実施する講習会を受講した建築士です。

制度の対象

福岡県内にある昭和56年5月以前に建築された平屋または2階建の木造戸建住宅が対象です。

【以下の住宅は、当制度の対象外となりますので、ご注意ください】

※対象となる住宅についても、構造が複雑な場合など、現地にて診断ができないと判断されることがありますので、その旨、ご了承ください。

調査方法

(一財)日本建築防災協会発行の【木造住宅の耐震診断と補強方法】に基づく「一般診断法」による調査です。
一般診断法は、原則、目視による調査で分かる範囲の情報に基づき大地震動での倒壊の可能性に関して診断し、
その診断結果をもとに、耐震補強が必要かどうかを判定します。

調査メニューと費用

調査メニュー 調査方法 費用
一般診断
(床下小屋裏進入調査付診断)
床下・小屋裏に進入して調査し、目視で壁の仕様等を確認の上、診断します。進入調査には、点検口の開放が必要です。ご希望に応じて、耐震改修計画(案)や工事費概算見積書を作成できます。 6,000円(税込)
簡易診断 床下・小屋裏に進入せずに、通常見える範囲で調査し、診断します。

  • 図面がなく、壁の仕様(筋かいの有無など)が不明な場合や図面と現地が合っていない場合は、実際より耐力が低く計算される可能性があります。
  • 耐震改修計画(案)や工事費概算見積書は当調査では作成することができません。別途、設計事務所や工務店等にご相談、ご依頼ください。
3,000円(税込)

※当派遣制度は同一の住宅に対し、原則、1回限りのご利用とさせていただきます。

※【重要】「耐震改修計画書(案)」と「工事概算見積書」について
・本制度の「耐震改修計画書(案)」と「工事概算見積書」は、今後、耐震改修工事の実施についてご検討いただくための参考資料(目安)として作成するものです。
・耐震改修工事は、工事を行う施工業者によって改修方法や工期、使用する材料などが異なります。そのため、耐震改修工事を実施される際は、工事を依頼する施工業者に、改めて耐震改修計画の作成と工事費の見積をご依頼ください。
実際の工事費は、本制度で作成する「工事概算見積書」よりも高くなる可能性がありますので、その旨どうかご了承ください。

診断結果について

診断結果(上部構造評点)は以下のとおりです。

評点1.5以上 評点1.0以上~1.5未満 評点0.7以上~1.0未満 評点0.7未満
倒壊しない 一応倒壊しない 倒壊する可能性がある 倒壊する可能性が高い

アドバイザー派遣の流れ

アドバイザー派遣の流れ

申込み方法

下記申込書類を郵送またはFAXで送付してください。

注意事項 *必ずお読みください* pdf
耐震診断アドバイザー派遣申込書・記入例 pdf
間取用紙(平面図をお持ちでない方) pdf

◎申込先
郵送先:〒816-0804 春日市原町3丁目1番7号 クローバープラザ内 生涯あんしん住宅 宛
FAX:092-582-8162

お問合せ先

(一財)福岡県建築住宅センター 生涯あんしん住宅
TEL:092-582-8061

参考

 リーフレット「誰でもできるわが家の耐震診断」/(一財)日本建築防災協会
 このリーフレットは、ご自宅の耐震性能の理解や耐震知識の習得を進めていただき、耐震性の向上を図るための耐震改修に
 向けて、より専門的な診断を行う際の参考にしていただくことを目的に作られております。お住まいになっている住宅につ
 いて、住んでいる方がご自身で住宅の耐震診断を行い、住宅のどのようなところに地震に対する強さ、弱さのポイントがあ
 るかなどがわかるようにできています。