文字サイズ

ホーム > 事業案内 > 耐震診断アドバイザー

消費者の方

事業者の方

耐震診断アドバイザー

  1. 事業案内
  2. 料金表
  3. 様式のダウンロード

耐震診断アドバイザー派遣制度

建物の築年、壁の位置や屋根の仕様などを調査するアドバイザーを現地へ派遣し、地震に対する安全性について簡易な診断を行います。

制度の概要

制度の対象 福岡県内の原則昭和56年5月以前に建築された木造戸建住宅が対象です。
  • 2X4住宅、鉄骨造、コンクリート造、混構造、伝統構法、プレハブ造、スキップフロア、借家は対象外となります。
相談窓口 (一財)福岡県建築住宅センター(生涯あんしん住宅)で受付けます。

専門家を派遣します

必要に応じて耐震診断アドバイザーを派遣し、現地調査を実施します。
※「耐震診断アドバイザー」とは県が主催する講習会を受講した建築の専門家です。

調査方法と目的

国土交通省監修【木造住宅の耐震診断と補強方法】に基づく「一般診断法」による調査です。
一般診断法は、原則、非破壊による調査で分かる範囲の情報に基づき大地震動での倒壊の可能性に関して診断します。
その診断結果をもとに、耐震補強が必要かどうかを判定することを目的としています。

調査メニューと派遣費用

調査メニュー 注意事項 費用
調査メニュー①
基本診断
原則、非破壊による調査で分かる範囲の情報に基づき大地震動での倒壊の可能性に関して診断します。

  • 通常目視で確認できる範囲となりますので、天井裏及び床下への進入調査を行いません。
  • 図面がなく、壁の仕様(筋かいの有無など)が不明な場合は、実際より耐力が低く計算される可能性があります。
  • 耐震改修工事の設計や工事費の見積もり、改修工事後の診断は当調査では行うことができません。
  • 別途、設計事務所や工務店等にご相談、ご依頼ください。
3,000円
調査メニュー②
床下小屋裏進入調査付診断
※平成28年7月1日から制度開始
基本診断調査に加え、天井裏及び床下への進入調査を行います。進入調査には、点検口の開放が必要です。ご希望に応じて、耐震改修計画や工事費概算見積もりを作成できます。 6,000円

診断結果について

診断結果(上部構造評点)は以下のとおりです。

評点1.5以上 評点1.0以上~1.5未満 評点0.7以上~1.0未満 評点0.7未満
倒壊しない 一応倒壊しない 倒壊する可能性がある 倒壊する可能性が高い

アドバイザー派遣の流れ

アドバイザー派遣の流れ

申込み方法

下記申込書類を郵送またはFAXで送付してください。

※昨年度より熊本地震の影響により、申込みが殺到しております。
受付順に手配しておりますが、派遣までにお時間(1ヶ月程度)を頂戴する場合もございます。予めご了承ください。

耐震診断アドバイザー派遣申込書 pdf
間取用紙(平面図をお持ちでない方) pdf
  • 郵送先:〒816-0804 春日市原町3丁目1番7号 クローバープラザ内 生涯あんしん住宅 宛
  • FAX : 092-582-8162