文字サイズ

ホーム > 事業案内 > 住まいの健康診断 > 住まいの健康診断の概要

消費者の方

事業者の方

住まいの健康診断

  1. 事業案内
  2. 料金表
  3. 様式のダウンロード

住まいの健康診断の概要

住まいの健康診断書付住宅とは

これまでの中古住宅取引において、住まいは、見た目の状態だけで、まだ十分に使えるのに取り壊されてしまうことが多々ありました。住まいも人間と同じ。年を取り、具合が悪くなったりもしますが、骨格が丈夫な建物などは築年数が長くても見た目以上に長持ちするものです。 私たちは健康診断や病院に行くことで体の状態を知ることができますが、住まいについても健康状態がわかっていると安心ですね。

「住まいの健康診断書付住宅」とは、住まいの専門家が検査を行い、売却予定の中古住宅の状態を明らかにしたものです。今から売却しようとしている住宅に「住まいの健康診断書」を付けるには、不動産事業者を通して検査のお申し込みを行っていただく必要があります。なお、「住まいの健康診断」は(一財)福岡県建築住宅センターが行います。

対象物件

以下の条件を全て満たした中古一戸建て住宅(主たる建築物)及び共同住宅(分譲マンション専有・専用使用部分)を対象。

検査内容

目視及び計測により建物の状態を検査します。

建物種別 概要 検査内容
一戸建て住宅 構造(※1)、雨漏り、設備配管等全27項目について、床下や小屋裏(※2)までチェックを行います。

※1 耐震性能に関する検査は除きます。耐震診断はオプションで検査を行うことができます。
※2 点検口が無い小屋裏及び床下部分及び隠ぺいされた部分については検査を行うことができません。小屋裏、床下への進入調査はオプションで検査を行うことができます。

pdf
共同住宅 (分譲マンション 専有・専用使用部分) 構造(※1)、雨漏り、設備配管等全16項目

※1 耐震性能に関する検査は除きます。

pdf

参加方法

申込方法

申込手続きについては、仲介する不動産事業者を介してお申込みください。

窓口又は郵送により申込みされる場合の申込手順

様式ダウンロードコーナーより様式をダウンロードし、必要書類を提出してください。

事業実施の流れ

リフォーム概算見積について

本事業において、「住まいの健康診断」の結果による補修工事費の見積作成は、原則行いません。参加者による見積りが必要で 作成困難と認められる場合に限り、福岡県リフォーム推進ネットワーク協議会に見積作成を依頼することができます。 また、売買契約前の物件購入希望者からの依頼については、必ず物件所有者並びに仲介業者の承諾を得た上で、 仲介業者を介して見積依頼をお願いいたします。

希望者には補修工事費用の見積もり依頼が可能(無料)

希望者には、「住まいの健康診断」の結果に基づく補修工事費用の見積作成も含めて、ご希望に応じたリフォームプランの作成を依頼することができます。

※ただし、物件購入前においては、購入を検討している物件の仲介業者(売主)の承諾をとった上で、仲介業者を通してご依頼ください。

リフォームプランは「福岡県リフォーム推進ネットワーク協議会」が作成します

協議会事務局

TEL:0120-782-783 URL:http://freform.fkchk.net/

「住まいの健康診断」及び耐震診断に係る期間

「住まいの健康診断」 検査実施日から概ね1週間前後
耐震診断 検査実施日から概ね3週間前後

※事業開始直後等申込み件数が集中する時期は、報告書作成が遅れる場合がございますのでご了承下さい。

診断費用

基本診断料金

一戸建て住宅 54,000円(税込)
共同住宅(分譲マンション) 32,400円(税込)

オプション

耐震診断等以下の診断を同時に申込することが可能です。

オプション内容 追加料金 備考
① 床下進入調査 10,800円(税込)  
② 小屋裏進入調査 10,800円(税込)  
③ 耐震診断(詳細 32,400円(税込) ①②の調査を含む。
④ 耐震基準適合証明書発行 54,000円(税込) ③の耐震診断を含む。
⑤ 瑕疵保険事前検査  16,200円(税込)  

「住まいの健康診断」基準

「住まいの健康診断」基準 pdf

様式ダウンロード

(公社)福岡県宅地建物取引業協会会員様用 参加規約・実施要領・申込書等 zip
(公社)全日本不動産協会会員様、その他不動産事業者様用 参加規約・実施要領・申込書等 zip

お問い合わせ

「住まいの健康診断」について 一般財団法人 福岡県建築住宅センター TEL:092-781-5169
「住まいの健康診断」申込について お近くの不動産事業者へお問い合わせください。